優勝候補同士の一戦はドロー…スペインが開始早々に先制、ドイツがミュラー弾で追い付く

3月24日(土)7時23分 サッカーキング

強豪国同士の一戦はドローに終わった [写真]=Getty Images

写真を拡大

 国際親善試合が23日に行われ、ドイツ代表とスペイン代表が対戦した。

 2018 FIFAワールドカップロシアの優勝候補同士による一戦。ドイツはMFトニ・クロースやMFメスト・エジル、FWトーマス・ミュラーらが先発。対するスペインはDFセルヒオ・ラモスやMFアンドレス・イニエスタ、MFダビド・シルバらがスターティングメンバーに名を連ねた。

 試合は早い時間に動く。6分、イニエスタのスルーパスでペナルティエリア内に抜け出したロドリゴが左足ダイレクトでゴール右に蹴り込み、スペインが先制に成功した。

 追いかけるドイツは35分、エリア手前中央でパスを受けたミュラーが右足を振り抜くと、強烈なシュートがゴール左上に突き刺さり、同点に追い付いた。

 後半はスコアが動かず、試合はこのままタイムアップ。注目の強豪対決は1−1の引き分けに終わった。

【スコア】
ドイツ代表 1−1 スペイン代表

【得点者】
0−1 6分 ロドリゴ(スペイン)
1−1 35分 トーマス・ミュラー(ドイツ)

サッカーキング

「スペイン」をもっと詳しく

「スペイン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ