クラッシュのリカルド「ミスを挽回しようとしてパニック状態だった。チームとクビアトに本当に申し訳ない」:ルノー F1アゼルバイジャンGP日曜

4月29日(月)18時13分 AUTOSPORT web

 2019年F1アゼルバイジャンGP決勝で、ルノーのダニエル・リカルドはクラッシュによりマシンにダメージを負い、リタイアした。


 10番手を走るトロロッソ・ホンダのダニール・クビアトを追っていたリカルドは、オーバーテイクを仕掛けた際にエスケープロードに飛び出した。それを避けようとしたクビアトもコース上でストップしたが、クビアトに気付かなかったリカルドは、バックでコースに復帰しようとしてクビアトのマシンにヒット。2台ともがダメージを負い、リタイアする結果になった。


 レース後、スチュワードは、接触の責任はリカルドにあるとして、次戦スペインGPでの3グリッド降格とペナルティポイント2を科すことを発表した。

2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP ダニエル・リカルド(ルノー)がダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)にヒット
2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP ダニエル・リカルド(ルノー)がダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)にヒット


■ルノーF1チーム

ダニエル・リカルド 決勝=リタイア

 奇妙なインシデントによってリタイアしなければならなくなった。僕が犯したミスが原因であり、チームとダニールに申し訳なく思っている。


(Formula1.comのインタビューにこたえ)こんなことになって落ち込んでいる。あの時、ペースがよくなってきて、ダニーとの差をどんどん縮めていた。隙間を見つけて、飛び込もうと思ったが、このままではコーナーを曲がり切れないと感じたので、エスケープロードに飛び込むことにした。


 時間のロスを最小限に抑えようと焦り、少しパニックになっていたと思う。あそこに彼がいるとは知らずに、バックでコースに復帰しようとした。焦っていて、確認を怠ったんだ。


 自分のミスの影響を最小限に抑えようとして、別のミスをしてしまった。本当にどうしようもない。申し訳ない気持ちでいっぱいだ。懸命に作業に取り組んでくれたチームには、もっといい結果を持ち帰るべきなのに。


 ペースがよくなったことはポジティブな要素だけど、レースをこんな形で終えたくはなかった。今週末の僕らにはずっと速さがなかったから、今日ポイントをつかむことができれば、すごくいい挽回になると思った。それができなくてがっかりしている。



AUTOSPORT web

「ルノー」をもっと詳しく

「ルノー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ