サラー、すでに気持ちを切り替え「来シーズンもトロフィーのために戦う」

5月13日(月)4時3分 サッカーキング

リーグ戦全38試合に出場し、22得点を挙げて得点王に輝いたサラー [写真]=Action Plus via Getty Images

写真を拡大

 リヴァプールのエジプト代表FWモハメド・サラーがウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ戦後にコメントした。クラブの公式HPが12日に伝えている。

 リヴァプールは12日に行われたプレミアリーグ第38節でウルヴァーハンプトンに2−0で勝利。しかし、同時刻にマンチェスター・Cが勝利を収めて優勝を決め、リヴァプールはプレミアリーグ優勝を逃した。

 今シーズン、リーグ戦全38試合に出場し22ゴールを記録して得点王に輝いたサラーは、「僕たちは今シーズンすべてのことをやったよ。たった1試合しか負けていないし、勝ち点だって97ポイント取ったんだ」とシーズンを振り返った。さらに同選手は優勝したマンチェスター・Cを祝福すると共に、すでに来シーズンに向けて気持ちを切り替えていた。

「マンチェスター・Cにはおめでとうと言いたい。僕たちは来シーズンもトロフィーのために戦っていくつもりだよ」

 リヴァプールは6月1日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝を控えており、トッテナムと対戦する。

サッカーキング

「トロフィー」をもっと詳しく

「トロフィー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ