甲府、専修大MF小林岩魚が来季加入内定…下部組織出身「本当に嬉しい」

6月12日(火)17時41分 サッカーキング

甲府への加入が内定した専修大の小林岩魚(写真は昨季) [写真]=内藤悠史

写真を拡大

 ヴァンフォーレ甲府は12日、専修大学4年のMF小林岩魚が2019シーズンより加入することが内定したと発表した。

 小林は1996年生まれの21歳で、身長178センチメートルのMF。甲府の下部組織出身で、U−15とU−18を経て専修大に進学した。トップチーム加入により、古巣復帰を果たすこととなった。

 来季加入内定にあたり、小林は以下のようにコメントしている。

「来季よりヴァンフォーレ甲府に加入することになりました小林岩魚です。大学に入学したときから、4年後プロになって甲府に戻るということを目標に頑張ってきました。そして大好きなクラブ、生まれ育った街でまたプレーする機会を与えていただき本当に嬉しく思います。今まで支えてくれた両親や友人、サポートしてくださった指導者やスタッフの方々に感謝しています。甲府を愛するサポーターの皆様に応援していただけるような選手になれるよう精一杯努力していきます。よろしくお願いします」

サッカーキング

「内定」をもっと詳しく

「内定」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ