日本代表に吉報!? エクアドル指揮官はコパ・アメリカ通算1勝7敗27失点

6月24日(月)16時1分 サッカーキング

エクアドル代表は今大会、ウルグアイ、チリと2連敗を喫している [写真]=Getty Images

写真を拡大

 日本時間25日に行われるコパ・アメリカ グループステージ第3節を前に、エクアドル代表監督の戦績が問題視されている。エクアドルのメディア『エル・テレグラフォ』が報じている。

 同メディアによると、エクアドルのエルナン・ダリオ・ゴメス監督はこれまでコパ・アメリカ3大会で指揮を執るも、通算成績は散々たる結果だという。

 唯一の勝利は2001年コロンビア大会、グループステージでベネズエラに4−0の勝利を収めた。しかし同大会では、チリに1−4、コロンビアには0−1で敗れグループステージ敗退。続く2004年ペルー大会では、アルゼンチンに1−6、ウルグアイに1−2、メキシコに1−2と3連敗を喫し、エクアドル代表監督を解任された。

 その後、2018年に同国代表監督に復帰を果たすも、今大会はウルグアイに0−4、チリに1−2と2連敗を喫してしまった。これでコパ・アメリカでは通算1勝7敗、計27失点と相性の悪さを露呈している。なお、エクアドルは日本戦に勝利すればグループ3位で決勝トーナメント進出となる。

サッカーキング

「エクアドル」をもっと詳しく

「エクアドル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ