【F1技術解説】11年ぶりの表彰台に貢献した、トロロッソ・ホンダSTR14の空力アップデート

8月2日(金)7時45分 AUTOSPORT web

 先日開催されたF1第11戦ドイツGPにおいて、2008年第14戦イタリアGP以来となる11年ぶりの表彰台を獲得したトロロッソ・ホンダ。14番手からスタートしたダニール・クビアトが荒れたレースを生き残り、見事3位に入賞した。


 そんなトロロッソ・ホンダは、シーズン中盤を迎えても順調に車体のアップデートを続けている。好成績を残したドイツで投入した空力アップデートを解説する。


──────────


(1)ブーメラン型ウィングレット

 2008年第14戦イタリアGPで優勝したセバスチャン・ベッテル以来の表彰台を、先週末の第11戦ドイツGPで獲得したトロロッソ・ホンダ。彼らは同GPに、いくつかの空力アップデートを投入していた。

【F1技術解説】11年ぶりの表彰台に貢献した、トロロッソ・ホンダSTR14の空力アップデート
トロロッソ・ホンダが導入したブーメラン型のウィングレット


 そのひとつがウイリアムズやハースも導入している、ブーメラン型のウイングレットである(黄色矢印参照)。これはサイドポンツーン前のバージボード上部に取り付けられているが、バージボード自体の形状も、変更が加えられている(白矢印参照)。

 

このバージボード自体は、欧州ラウンド緒戦の第5戦スペインGPで改良されたもの。シーズン中盤になっても、トロロッソ・ホンダの車体アップデートは順調に行われているようだ。


(2)フロア

【F1技術解説】11年ぶりの表彰台に貢献した、トロロッソ・ホンダSTR14の空力アップデート
2019年型マシン『STR14』のフロアに施されたアップデート


 2019年型マシン『STR14』は、フロアも新しくなっている。まずサイドポンツーン脇の長い切れ込みが、2本から3本に増やされた(黄色矢印参照)。さらにそこにメルセデスや、フェラーリ、レッドブルのような小さなウイングレットを加えている(赤矢印参照)。


 これらの改良は、フロア下への気流の流入をいっそう促進することにある。ウイングレットの位置はフェラーリ同様、リヤタイヤのすぐ前である。


AUTOSPORT web

「解説」をもっと詳しく

「解説」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ