福住、4カ月ぶりのスーパーフォーミュラ参戦へ。自信のあるもてぎは「ポール獲得が目標」

8月10日(金)17時33分 AUTOSPORT web

 2018年シーズン、FIA F2(GP2)にフル参戦しながら、全日本スーパーフォーミュラ選手権にもエントリーしている福住仁嶺。F2ではここまで苦戦を強いられているが、その悪い流れを断ち切るべく、約4カ月ぶりの参戦となるスーパーフォーミュラ第5戦もてぎに臨む。


 福住はF1参戦に必要なスーパーライセンス取得を目指し、F1直下のF2にアーデンから参戦中。


 しかし、シーズン上半期はトラブルなどから思うような結果を残せず。サマーブレイク前最後のレースとなった第8戦ハンガリーのレース2でベストリザルトとなる6位入賞を果たしたが、ポイントランキングでは18番手につけている。


 そのF2ではメカニカルトラブルに加え、チーム側のミスにも苦しめられた。第2戦アゼルバイジャンではチームが規定で定められた上限を超えてメカニックを登用してしまい、福住に予選失格が言い渡される事態も起きた。


 しかし、第8戦までチームとともに戦い、その関係性も深まってきたという。


「F2はマシントラブルも多かったけれど、チームのメカニックさんのミスなども多かったんです」と福住。


「チームとの関係は、今年の初めから比べればお互いオープンになってきたと思います。言うことは言うようになってきました」


「でもまだ小さなトラブルが続いたりするので、そういうのをしっかり直していかないと、結果にもつながらないと思います。今後はそういうことがないように、僕も僕でしっかり頑張ります」


 その福住はF2と並行して、国内トップフォーミュラであるスーパーフォーミュラにもTEAM MUGENから参戦。第1戦鈴鹿では予選2番手を獲得したものの、決勝では2番手走行中に電気系トラブルが発生しリタイア。第2〜第4戦はF2出場を優先したため、8月18〜19日にツインリンクもてぎで行われる第5戦がひさびさの出場となる。


「今年はスーパーフォーミュラもF2もトラブルばかり。日頃の行いが悪いのかなと思ったりもしました。でも僕ができることは後悔がないように、全力でレースをすることです」


 とは言えトラブル続きの状況に、「あまり厄払いとかしてこなかったんですけど、さすがに今年はお墓参りとか、小さなことでもやろうかなという気持ちにはなりました。実際、(お墓参り)しましたし」と語る。


 福住にとって2018年は重要なシーズン。F1参戦に必要なスーパーライセンス取得を目指す1年は、これまでのところ福住にとって「今季はドライバー人生のなかで、一番つらいシーズン」になっているという。


「でも、楽なシーズンというのは今までありませんでした。みんながみんな全力だと思うので、自分はそれに負けないくらい努力をして、結果を残さないといけないなと思うんです」


 そんな福住の前向きな姿勢が、次第に流れを引き寄せ始めている。


■特性の違うF2マシンとSFマシン。「F2の方がややこしいクルマ」


「最終的に環境が変わってきて、夏休み前(F2第8戦ハンガリー)には結果もいい形(6位入賞)で終わりました。その流れでスーパーフォーミュラに行けるのはいいことだと思っています。自信はまったく失っていないですよ」


 F2で流れを掴んだ状態で、開幕戦鈴鹿以来4カ月ぶりのスーパーフォーミュラに挑む福住は、SF14というF2とは異なる特性、異なるタイヤを使うマシンにすばやく適応しなくてはならない。


「F2とスーパーフォーミュラの間にはマシンの違いが大きいので、もちろん最初は違和感もあると思います。タイヤも全然違いますから。まずはそこを意識して、フリー走行の短い時間のなかでクルマに慣れたいです」


 スーパーフォーミュラのワンメイクマシン『SF14』は“クイック&ライト”を標榜するマシン。コーナリングスピードを上げて走ることが重要になる。


 一方、3.4リッターV6シングルターボエンジンを搭載するF2マシン『F2 2018』は、コーナー入口でしっかりとブレーキングでマシンを止めて、向きを変えて加速させなければならない。特徴の違うフォーミュラマシンへの乗り換えではあるが、「F2からスーパーフォーミュラに乗り替える方が楽」と福住。

スーパーフォーミュラマシンを駆るのは福住にとって開幕戦鈴鹿ぶり
スーパーフォーミュラマシンを駆るのは福住にとって開幕戦鈴鹿ぶり


「F2の方がクルマの動きがややこしいんです。ブレーキの動力も全然違いますしね。クルマにアジャストするという部分では、難しい4週間連続(スーパーフォーミュラ、F2の4連戦)になるかなとは思っています」


「もてぎはカート時代から(相性が)いい印象があります。F3で唯一勝っているサーキットももてぎですし、まったく心配していません。自信はあります。不安なのは暑さですね。暑さでタイヤのグリップ力が変わってくるので、それがどうなるかなというところです」


 開幕戦鈴鹿では予選でチームメイトの山本尚貴に続き2番手を獲得。TEAM MUGENの2台でフロントロウを占めた。


「少ない時間のなかで予選前にフィーリングを取り戻して、予選でしっかり結果を出すことが第一の目標です。鈴鹿で2番グリッドをとれているので、あとはポールポジションしかありません」


「ポールポジションをとって、いいレースペースで走れるように頑張っていきたい」とひさびさのスーパーフォーミュラ参戦に向けて語る福住。スーパーフォーミュラ第6戦もてぎから、F2、スーパーフォーミュラとの4連戦を迎える。その初戦となるスーパーフォーミュラもてぎで上昇気流に乗れるか。


AUTOSPORT web

「スーパー」をもっと詳しく

「スーパー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ