地震速報

10月15日15時57分頃、最大震度3の地震がありました

震度3 上川地方北部

琢磨は1周目に大クラッシュ。レースはパワーが今季初勝利【順位結果】インディカー第14戦ポコノ決勝レース

8月19日(月)7時6分 AUTOSPORT web

 ポコノ・レースウェイで開催されたインディカー・シリーズ第14戦。18日に行われた500マイルレースは、雷雲が近づき128周で終了。その時点でトップを走行していたウィル・パワー(チーム・ペンスキー)が今シーズン初優勝を飾った。


 7番手からスタートした佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、オープニングラップでクラッシュを喫しリタイアに終わった。


 雨のため予選が中止となり、グリッドはエントラントポイント順となったポコノ戦。2時間のプラクティスが用意されたが、十分にセッティングを煮詰めることはできず、手探り状態で各車は決勝に挑むこととなった。


 ポイントリーダーのジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)を先頭に500マイルのレースがスタート。


 シモン・パジェノーが好スタートを見せ、ウィル・パワーも3番手へと浮上しチーム・ペンスキーが1−2−3でターン2へと向かう。しかし、ここでマルチクラッシュが発生する。


 佐藤琢磨とアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)、ライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)が3ワイドになると、インに寄った琢磨の左リヤとロッシの右フロントが接触。そのままハンター-レイを巻き込みイン側のウォールにヒット。マシンの勢いは止まらず、アウト側のフェンスまで弾き飛ばされる。


 フェリックス・ローゼンクヴィスト(チップ・ガナッシ)とジェームズ・ヒンチクリフ(アロウ・シュミット・ピーターソン)も2台をよけきれずクラッシュに巻き込まれる。 


 琢磨のマシンは逆さまの状態でストップ。ローゼンクヴィストのマシンも宙を舞いフェンスと接触。


 昨年のロバート・ウィケンスのクラッシュを思い起させるクラッシュとなったが、琢磨もローゼンクヴィストも自力でマシンを降り、幸いにも大きな怪我はないようだ。


 このクラッシュで3周目に赤旗中断となり、マシンの撤去、フェンスの修復などが行われる。ロッシのマシンはアンドレッティ・オートスポートの総力を挙げて修復を試みることに。


 約45分間後にレースは再開。3番手のパワーはパンクでタイヤ交換を強いられポジションダウン。パジェノー、ニューガーデン、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)、サンティーノ・フェルッチ(デイル・コイン)の順で、9周目にリスタートを迎える。


 ディクソンが2番手に浮上。グラハム・レイホールもフェルッチを交わし4番手に上がる。


 37周目終わりでパジェノーがピットイン。ディクソンも次の周にピットへと向かうも、先にピットインしたフェルッチに交わされてしまう。翌周に入ったニューガーデンもポジションを落とすことに。


 41周目にスペンサー・ピゴットが単独クラッシュしイエローコーションに。パワーはピットクローズ前に滑り込み、2番手に浮上する。


 47周目にリスタート。パワーはパジェノーに並ぶも、パジェノーがポジションを死守する。翌周、再びパワーが仕掛けトップを奪う。


 パワー、パジェノー、ディクソンがトップを争うなか、雨雲がポコノ・レースウェイに近づく。127周目に再びイエローフラッグ、そして翌周にレッドフラッグが振られ再びレースは中断。


 この時点でトップはパワー、ディクソン、パジェノー、フェルッチ、ニューガーデンという順に。


 天候の回復が見込めないということでレースは128周で終了。トップを走行していたパワーが優勝となり、今シーズン初勝利を挙げた。2位はディクソン、3位はパジェノーとなり、ポイントリーダーのニューガーデンは5位となった。


■インディカー・シリーズ2019第14戦ポコノ決勝レース結果



















































































































































































































Pos.No.DriverTeamEngLapsSP
112W.パワーチーム・ペンスキーC1285
29S.ディクソンチップ・ガナッシH1284
322S.パジェノーチーム・ペンスキーC1283
419S.フェルッチデイル・コイン・レーシングH12813
52J.ニューガーデンチーム・ペンスキーC1281
620E.カーペンターエド・カーペンター・レーシングC12815
718S.ブルデーデイル・コイン・レーシングH12811
814T.カナーンA.J.フォイト・レーシングC12819
915G.レイホールレイホール・レターマン・ラニガンH1288
1023C.キンボールカーリンC12821
1159C.デイリーカーリンC12822
127M.エリクソンアロウ・シュミット・ピーターソンH12816
1326Z.ビーチアンドレッティ・オートスポートH12718
144M.レイストA.J.フォイト・レーシングC12720
1598M.アンドレッティアンドレッティ・ハータ・オートスポートH12617
1688C.ハータハーディング・スタインブレナーH7214
1721S.ピゴットエド・カーペンター・レーシングC3912
1827A.ロッシアンドレッティ・オートスポートH392
1928R.ハンター-レイアンドレッティ・オートスポートH256
205J.ヒンチクリフアロウ・シュミット・ピーターソンH1910
2130佐藤琢磨レイホール・レターマン・ラニガンH07
2210F.ローゼンクヴィストチップ・ガナッシH09


※リザルトは編集部調べ


AUTOSPORT web

「レース」をもっと詳しく

「レース」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ