ヤマハ野左根が歓喜のバーンナウト。雨の岡山を独走で制し2年ぶり優勝/全日本ロード第6戦決勝

9月1日(日)15時30分 AUTOSPORT web

 全日本ロードレース選手権JSB1000クラスは9月1日、岡山国際サーキットで第6戦の決勝レースが行われ、野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が優勝し、2019年シーズン初勝利を挙げた。


 全日本ロード第6戦岡山は、1レース制での開催。決勝レースは24周で争われる。前日に行われた予選は中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)がポールポジションを獲得。2番手は水野涼(MuSASHi RT HARC-PRO.Honda)、3番手は野左根というフロントロウとなった。第5戦もてぎ前のプライベートテストで転倒を喫し負傷中の高橋巧は4番手で予選を終えている。


 8時50分から15分間行われたウォームアップ走行はドライコンディションでの走行となったが、走行中に雨がぱらつく場面もあった。このセッションで中須賀克行が1分28秒946でトップタイムをマーク。2番手は1分29秒173で高橋、3番手は1分29秒876で秋吉耕佑(au・テルル MotoUP RT)が続いた。


 岡山国際サーキットは午後になると雨が降り始めコンディションはウエットに。手元の計測で気温23度、路面温度23度で13時35分から戦いの火ぶたが切られた。

スタートでホールショットを奪う水野涼(MuSASHi RT HARC-PRO.Honda)
スタートでホールショットを奪う水野涼(MuSASHi RT HARC-PRO.Honda)


 スタートでホールショットを奪ったのは2番グリッドスタートの水野。2番手は野左根が続き、ポールスタートの中須賀克行は3番手に後退。4番手には高橋巧が続く。


 2コーナーのウイリアムコーナーに入ると野左根が水野のクロスラインをとってトップを奪取。その後、野左根は1周目からペースを上げて2番手の水野涼を突き放しにかかる。2周目に入った時点では水野涼に1秒以上の差をつけた。


 水野も野左根に離されまいとペースを上げるが、野左根もさらにペースを上げる。5周目に入るとトップ集団は野左根航汰、水野の2台に。中須賀は3秒372の差で後方につけ、その2秒差で高橋が4番手につける。

突き放す野左根。追う水野
突き放す野左根。追う水野


 7周目には水野涼がファステストを更新。8周目にもファステストを出して野左根航汰との差は0.713秒まで縮める。その後もトップ2台のペースは衰えることなく、1分37秒後半から1分38秒前半のペースで周回を重ねていく。10周目には野左根が水野のファステストを塗り替えた。

最後は独走態勢に持ち込んだ野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
最後は独走態勢に持ち込んだ野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)


 11周を終了するとバックマーカーが現れ始めるが、2台はこれに引っ掛かることなくハイペースで周回。レースは折り返しとなる12周を終えたあたりからは、水野涼のぺースが落ち始め野左根との差が1秒490に広がった。


 一方の野左根はペースが衰えることなく周回。15周を終えた時には水野涼との差を3秒以上広げ、独走態勢を築く。


 ファイナルラップに入ると野左根航汰はそのままトップチェッカー。雨の岡山を独走で制し、2年ぶりの優勝を挙げた。2位は4秒039差で水野、3位は11秒446で中須賀という結果に。高橋は4位でチェッカーを受けた。

雨の岡山を独走で制し2年ぶりの優勝を挙げた野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
雨の岡山を独走で制し2年ぶりの優勝を挙げた野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)


 全日本ロードレース選手権第6戦岡山JSB1000クラスの決勝順位結果は以下の通り。


■全日本ロードレース選手権第6戦岡山

JSB1000クラス決勝順位結果(24周/編集部集計)
































































































































































































































































Pos.No.RiderTeamMotorcycleTypeTotalTime/Delay
14野左根航汰YAMAHA FACTORY RACING TEAMヤマハYZF-R1BS39’32.122
2634水野涼MuSASHi RT HARC-PRO. HondaホンダCBR1000RR SP2BS4.039
31中須賀克行YAMAHA FACTORY RACING TEAMヤマハYZF-R1BS11.446
413高橋巧Team HRCホンダCBR1000RR SP2BS16.869
571津田拓也TK SUZUKI BLUE MAXスズキGSX-R1000DL55.371
612加賀山就臣ヨシムラスズキMOTULスズキGSX-R1000RL9BS58.608
7090秋吉耕佑au・テルル MotoUP RTホンダCBR1000RR SPBS1’03.512
823渡辺一馬Kawasaki Team GREENカワサキZX-10RRBS1’10.851
964岩戸亮介Kawasaki Team GREENカワサキZX-10RRBS1’21.540
1026渡辺一樹ヨシムラスズキMOTULスズキGSX-R1000L9BS1’33.540
1119濱原颯道Honda Dream RT 桜井ホンダホンダCBR1000RR SPBS1 Lap
1235亀井雄大Honda Suzuka Racing TeamホンダCBR1000RR SP2BS1 Lap
1385中冨伸一HiTMAN RC甲子園ヤマハヤマハYZF-R1DL1 Lap
1430須貝義行チームスガイレーシングジャパンアプリリアRSV4RFBS1 Lap
1522児玉勇太TEAM KODAMAヤマハYZF-R1BS1 Lap
1631小島一浩Honda緑陽会熊本レーシングホンダCBR1000RRDL1 Lap
1787柳川明will-raiseracingRS-ITOHカワサキZX-10RRBS1 Lap
1856田尻悠人GOSHI RacingホンダCBR1000RR SP2BS1 Lap
1944関口太郎Team ATJホンダCBR1000RR SP2BS1 Lap
2037黒木玲徳GOSHI RacingホンダCBR1000RR SP2BS1 Lap
2177伊藤和輝will-raiseracingRS-ITOHカワサキZX-10RRBS2 Laps
2299吉田和憲icuRTモトキッズ中日本自動車短大ヤマハYZF-R1BS2 Laps
2370清末尚樹TeamWITH87KYUSHUカワサキZX-10RRBS2 Laps
2446星野知也TONE RT SYNCEDGE 4413 BMWBMW・S1000RRPI2 Laps
2518津田一磨Team BabyFaceヤマハYZF-R1BS4 Laps
75前田恵助YAMALUBE RACING TEAMヤマハYZF-R1BS12 Laps(リタイア)
080羽田太河au・テルル MotoUP RTホンダCBR1000RR SPBS出走せず


AUTOSPORT web

「優勝」をもっと詳しく

「優勝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ