チームカガヤマの浦本修充がEWC開幕戦ボルドール24時間に参戦

9月11日(水)16時20分 AUTOSPORT web

 スペインスーパーバイク選手権(ESBK)にフル参戦する浦本修充が、9月21日〜22日にフランス、ポール・リカール。サーキットで開催される2019-2020FIM世界耐久選手権 (EWC) 開幕戦ボルドール24時間レースに参戦することが発表された。


 2018年から戦いの舞台をスペイン選手権に移している浦本修充。2019年も引き続きTeam KAGAYAMAとJEG Racingのコラボレーションチーム、SUZUKI JEG/KAGAYAMA RACINGからスペイン選手権に参戦している。

2019年はESBKにフル参戦する浦本修充
2019年はESBKにフル参戦する浦本修充


 そんな浦本が、2019-2020シーズンのEWC開幕戦ボルドール24時間に参戦。チームはスペイン選手権でも所属するTeam JEG-KAGAYAMAだ。同チームは今季からEWCに年間エントリーしてる。


 チームメイトは、2019年の鈴鹿8時間耐久ロードレースで加賀山就臣がオーナーを務めるTK SUZUKI BLUE MAXから参戦をしたグレゴリー・ルブランと、スペイン選手権での浦本のチームメイト、クリス・レッヒュ。ゼッケンはTeam KAGAYAMAでお馴染みの71、マシンはスズキGSX-R1000でタイヤはミシュランという組み合わせだ。


 自身初の24時間レースに参戦する浦本は次のようにコメントしている。


「24時間耐久は初めての経験となりますが、チームもチームメイトたちもここ数年一緒に戦ってきた仲間なので、安心です。マシンもタイヤもスペイン選手権とあまり変わらないので、それも安心材料です」


「ポールリカールは初めてですが、チームメイトのグレッグもクリスもボルドールは熟知しているので、こころ強いです。この参戦を、ライダーとして成長できるいい機会にしたいです。応援よろしくお願いいたします」


 EWC開幕戦ボルドール24時間は9月22日の現地時間15時から決勝スタートを迎える。


AUTOSPORT web

「開幕戦」をもっと詳しく

「開幕戦」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ