待ち望んだ今季リーグ戦初ゴール…齋藤学が見せた“F”の謎とは?

9月17日(日)11時0分 サッカーキング

リーグ戦初ゴールを決めた齋藤 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

写真を拡大

 ようやく決まった。待望の今シーズン、明治安田生命J1リーグ戦初ゴール。MF齋藤学はチームメートの歓喜に包まれて、今年一番の笑顔を見せた。

 それは開始9分に訪れた。8試合ぶりのスタメン出場となったDFパク・ジョンスのパスを受けたDF山中亮輔のクロスが、相手DFに当たってこぼれてきた。齋藤が少しドリブルで運んで、右足を一閃。ファーサイドのサイドネットに突き刺した。

「点を取れたことは良かった」と全身で喜びを爆発させる齋藤を、祝福するチームメートが取り囲む。その隙間から、齋藤は何度も両手であるポーズを作っていた。数字の1を作った左手に、ピースサインを横にした右手をクロス。そのポーズについて試合後、齋藤は「あれは“F”ね」と明かした。

「実は誰にも言っていなかったんだけど…。“F”がつく男の子と会ったの。病気のね。それでその子と先週約束して。だからカメラを探してやった。その子との約束も、WWEの約束も、全部やれて良かった」

 齋藤は今年6月下旬、DAZNの企画でWWEで活躍中の人気レスラー、フィン・ベイラーと対談。その時に伝授されたパフォーマンスも行い、ベイラーとの約束を果たしたことも明かした。

 ようやく実現したゴールパフォーマンス。忘れずに約束を果たせたことで表情も緩んだが、それでも「点を取ったことがすべてではない」とした上で、ここまでの苦悩を口にした。

「今日の点よりも簡単なシュートは何本もあった。内心、不安と戦う日々だったし、携帯はあんまり触っていないですけど、ニュースでも“ノーゴール”というのが出てくる。不安とか、そういうものはあるにしろ、『今年ノーゴールだったらどうしよう?』という思いも少なからずあった」

 モヤモヤした気持ちを払拭できたことで、あとはゴールを量産し、チームを勝利に導くだけだが、それは本人も認識済みだ。「ここからノッていけるかどうかは僕に掛かっていると思うので、調子に乗ることなく、しっかりと歩み続けたい」。

 終了間際の失点で首位との勝点差は10に開いたが、まだまだ優勝を狙える位置にいる。「優勝するために戦って、ファン・サポーターと一緒に喜びたい」。残り8試合、齋藤の強い思いがトリコロールを牽引する。

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

齋藤学をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ