サンチェスがバルサ戦を前に古巣時代を振り返り…「彼が最高のキャプテン」

9月30日(月)20時5分 サッカーキング

バルサ時代を振り返ったサンチェス [写真]=Getty Images

写真を拡大

 インテル所属のチリ代表アレクシス・サンチェスが、自身のバルセロナ時代を振り返りコメントした。30日、スペイン紙『アス』が報じている。

 サンチェスが所属するインテルは、10月2日にチャンピオンズリーグのグループステージ第2節でバルセロナと対戦する。2011年から3シーズンに渡りプレーした古巣との試合を前に、サンチェスは自身のバルセロナ時代を回想した。

「僕がバルセロナにやってきたとき、当時のバルセロナは過去最高だと言われていたね」

「グアルディオラ、メッシ、シャビ、イニエスタ…そしてプジョルという、僕にとって信じられないようなキャプテンがいた。彼が僕のキャリアの中で最高のキャプテンさ。彼らがポゼッションサッカーを教えてくれるのは楽しかったよ」

 サンチェスは28日のセリエA第6節サンプドリア戦でインテルでの初先発を飾っており、初得点も記録したが、その後退場処分となっている。

サッカーキング

「時代」をもっと詳しく

「時代」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ