6試合連続フル出場の冨安、敗戦で評価は伸びず「レム睡眠のような状態に…」

9月30日(月)18時29分 サッカーキング

ウディネーゼ戦に出場した冨安健洋 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 セリエA第6節が29日に行われ、日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャはウディネーゼに0−1で敗れた。試合後、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が選手採点を発表した。

 ボローニャは27分にステファノ・オカカに先制ゴールを決められると、最後までゴールを割ることができずにこのまま敗戦。3試合白星なしと苦戦が続いている。

 冨安は右サイドバックで開幕から6試合連続となるフル出場を果たしたが、チームが敗れたこともあり「5.5」と厳しい評価に。寸評では失点シーンでイェンス・ストリガー・ラーセンにクロスを上げさせたことについて、「レム睡眠のような状態に陥り、これが決定的なものとなった。(その状況を突き)ラーセンがアシストを決めた」と指摘されている。

 チーム内ではアンドレアス・スコフ・オルセンに唯一の及第点「6」が与えられた一方、マッティア・バーニ、ブレリム・ジェマイリ、マッティア・デストロ、ロベルト・ソリアーノに「5」の厳しい評価が下された。また、この試合最高は決勝ゴールを挙げたウディネーゼのオカカで「7」となっている。

 ボローニャは次節、10月6日にホームでラツィオと対戦する。

サッカーキング

「レム睡眠」をもっと詳しく

「レム睡眠」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ