MotoGP:前夜祭に“フライング・テキサン”こと、ケビン・シュワンツの登場決定

10月12日(木)18時6分 AUTOSPORT web

 ツインリンクもてぎで10月13〜15日に行われる2017FIM MotoGP世界選手権シリーズ第15戦MOTUL日本グランプリ。この前夜祭にレジェンドライダーであるケビン・シュワンツの出演が決定した。


 シュワンツは1993年のロードレース選手権でチャンピオンを獲得し、1988年から1995年までの8シーズンで25勝を記録したライダー。2013年には鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦し、3位表彰台を獲得した。


 アメリカ・テキサス州出身で“フライング・テキサン”の異名を持つシュワンツ。彼が現役時代に長年使用していたゼッケン34番は、永久欠番になっているなど、伝説のライダーである。


 前夜祭ではシュワンツに加え、MotoGP現役ライダーや、フランコ・ウンチーニ、ロリス・カピロッシといったレジェンドライダーが出演予定。10月13日(金)17時〜20時、10月14日(土)17時30分〜20時、ツインリンクもてぎ中央エントランスMotoステージで開催され、観覧は無料だ。


 出演情報などは公式ホームページ(http://www.twinring.jp/motogp/event/eve.html)を確認してほしい。


AUTOSPORT web

MotoGPをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ