岡崎所属レスター、マンC退団のサニャ獲得に迫っていた…指揮官が明かす

10月13日(金)12時1分 サッカーキング

マンCを退団後、無所属の状態が続くサニャ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは、今夏マンチェスター・Cを退団したフランス代表DFバカリ・サニャの獲得に迫っていたようだ。イギリス紙『レスター・マーキュリー』が12日付で報じている。

 アーセナルで長く活躍し、2014年にマンチェスター・Cに加入したサニャは、同クラブを退団後、無所属の状態となっている。

 その経験豊富なサニャに興味を示したのがレスターの指揮官であるクレイグ・シェイクスピア監督だったようだ。

 インタビューでサニャについて問われたシェイクスピア監督は「我々は以前、彼のことを注視していたよ。最近はそうではないがね」と明らかにすると「(右SBのレギュラーのダニー・)シンプソンは現時点では優れた防御力を発揮している。別のポジションでもカバーできる選手はいるが、常に負傷者が出る可能性を考慮しておかないとね」と、現レギュラー選手の他にもバックアッパーの存在が必要だとした。

 現在34歳とサッカー選手としては高齢だが、クラブでの活躍以外にもフランス代表としても53キャップを誇るサニャはレスターにとって大きな戦力となりそうだが、加入が実現することはあるのだろうか。

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

レスターをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ