クビサ「予選ではリヤを芝生に落としてしまい、ウォールまであっという間だった」:ウイリアムズ F1日本GP日曜

10月15日(火)7時30分 AUTOSPORT web

 2019年F1第17戦日本GPが行われ、ウイリアムズのジョージ・ラッセルは18位、ロバート・クビサは19位に終わった。


■ロキット・ウイリアムズ・レーシング

ジョージ・ラッセル 決勝=18位

2019年F1第17戦日本GP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)


 正直に言って、予選は信じられないほどトリッキーだった。特にS字区間でね。クルマの動きを予測できず、予選ラップも全然決まらなかった。それでも全力は尽くしたし、全体としては予想を上回るタイムを出せたから、それに関しては良かったと思う。


 レースもまた、僕らにとっては信じられないほどトリッキーだった。最初から最後まで、ブレーキにちょっとした問題があって本当に厳しかった。シーズン全体で見ても、最高にタフなレースのひとつだったのは間違いないね。どうにも複雑な気分だけど、朝スッキリと目覚めて、ちゃんと仕事ができたのだから、満足してもいいのかもしれない。


ロバート・クビサ 決勝=19位

 この鈴鹿で僕が望んでいたような予選セッションではなかった。計測ラップに入ろうとして加速を始めた時に、リヤタイヤを路面からグリーンに落としてしまい、それからウォールまではあっという間だった。残念だが、小さなコースオフの大きな代価を払うことになり、僕の予選セッションはそこで終わった。


 今回もチームのみんなが素晴らしい仕事をして(クルマをレースに間に合わせて)くれた。本当にスゴい人たちの集まりだ。今日だけでなく、シーズン全体を通じて、彼らの仕事には本当に感謝している。特にこういう状況になると、F1は決して楽なスポーツではない。誰もが予想したようにレースは厳しいものになり、全体としては、ガッカリすることばかりの日曜日だった。


AUTOSPORT web

「ウイリアムズ」をもっと詳しく

「ウイリアムズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ