マンUがマディソン獲得に関心…カギはウッドワードCEOのコネクション?

10月21日(月)22時3分 サッカーキング

マンチェスター・U移籍が噂されるマディソン [写真]= Getty Images

写真を拡大

 マンチェスター・ユナイテッドが、レスター所属のイングランド代表MFジェームズ・マディソンの獲得に関心を示しているようだ。21日、イギリス紙『デイリー・スター』が報じている。

 マンチェスター・Uはここまで、プレミアリーグ第9節を終えて2勝4分3敗の14位と、非常に苦しい戦いを強いられている。クラブを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督は、特に攻撃陣を強化したいと考えており、その中でマディソンが補強の候補に挙がったようだ。

 この22歳のアタッカーの獲得に向けて、カギとなる人物がいるという。それは、マンチェスター・UとレスターでそれぞれCEOを務める、エド・ウッドワード氏とスーザン・ウィーラン氏だ。この2人の間でどのように交渉が進むかが、移籍実現を左右するとみられている。

 また同紙は、レスターがマディソン移籍に備え、高額な違約金を設定した新しい契約を用意しているとも報じている。

サッカーキング

「獲得」をもっと詳しく

「獲得」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ