横浜が先制も…磐田が川又の2ゴールで逆転勝利! 天皇杯のリベンジ果たす

10月29日(日)17時8分 サッカーキング

大雨の中行われたジュビロ磐田と横浜F・マリノスの一戦 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第31節が29日に行われ、ジュビロ磐田と横浜F・マリノスが対戦した。

 6位の磐田と3位の横浜による注目の上位対決。25日の天皇杯準々決勝でも両チームは激突しており、横浜が勝利している。磐田はアダイウトン、川又堅碁らが先発出場。中村俊輔は古巣との一戦となった。横浜はダビド・バブンスキー、伊藤翔らがスターティングメンバーに名を連ねた。

 先に試合を動かしたのはアウェイの横浜だった。30分、遠藤渓太がペナルティエリア内でボールを受けてドリブルを仕掛けると、森下俊に倒されてPKを獲得。キッカーの伊藤はゴール左隅を狙った低いシュートを放つも、カミンスキーのスーパーセーブに阻まれる。しかし、こぼれ球に自ら反応して左足で流し込み、横浜が先制に成功した。しかし40分、磐田はペナルティエリア外中で川又がボールを受けると、強引に身体をひねり左足でシュート。これがDFに当たってコースが変わり、ネットの右へと吸い込まれ同点に追いついた。前半はお互い譲らず1−1でで折り返す。

 後半、磐田が猛攻を見せる。まずは51分、ペナルティエリア右外でFKのチャンスを得るとキッカーは中村俊輔。壁の下を通すグラウンダーのシュートを放つが、ボールは右のポストに阻まれ、ゴールとはならなかった。59分、ゴール前で磐田が波状攻撃を展開する。激しい球際の攻防の最後、櫻内渚がペナルティエリア右から低いクロスを入れると、完全にフリーとなっていた上原力也が右足で合わせるが、わずかに枠の上へと外れてしまった。

 そして60分、ついに磐田が勝ち越し点を奪う。敵陣深くまで磐田の前線がプレスをかけると、横浜のGK飯倉大樹がコントロールミス。狙っていたアダイウトンがボールを奪うとペナルティエリア左内まで進入し、中でフリーの川又へパスを出す。川又は落ち着いて左足で合わせ、磐田が逆転に成功した。

 逆転直後の62分、磐田は左サイドでFKを獲得すると、キッカーの中村俊輔が壁の左外を巻いた鋭いシュートを直接放つ。しかしこれは左のポストに直撃。追加点とはならなかった。降り止まない雨でピッチ状況が悪い中、お互い最後までゴールを狙うが試合はこのまま2−1で終了。磐田は天皇杯のリベンジを果たした。

 次節、11月8日に磐田はアウェイで柏レイソルと、横浜はホームでセレッソ大阪と対戦する。

【スコア】
ジュビロ磐田 2−1 横浜F・マリノス

【得点者】
0−1 30分 伊藤翔(横浜F・マリノス)
1−1 40分 川又堅碁(ジュビロ磐田)
2−1 65分 川又堅碁(ジュビロ磐田)

サッカーキング

「天皇杯」をもっと詳しく

「天皇杯」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ