SBK:ホンダに移籍のレオン・ハスラム「HRCのワークスライダーはまるで夢が叶ったようなもの」

11月7日(木)19時13分 AUTOSPORT web

 11月5日、イタリア・ミラノで開催されているEICMA2019(ミラノショー)でホンダは2020年の二輪モータースポーツ活動計画を発表した。そのなかで、スーパーバイク世界選手権(SBK)のワークスチームであるTEAM HRCからレオン・ハスラムが参戦することも明らかとなった。


 2019年はHRC(ホンダ・レーシング・コーポレーション)がサポートし、モリワキ-アルティア・ホンダ・チームが2台、アルティア・ミエ・レーシングチームが1台と計3台体制でSBKを戦ったホンダ。2019年シーズンが終了し、ホンダ勢のランキング最上位はレオン・キャミアの17位だった。


 来季はHRCのワークスチームであるTeam HRCとして参戦。マシンも、CBR1000RR-R SPをベースとした新型に変更し、ホンダは強力な体制で2020年シーズンのSBKを戦うこととなった。


 ひとり目のライダーは9月末に発表され、今季Aruba.it レーシング-ドゥカティで16勝を飾りランキング2位を獲得したアルバロ・バウティスタが加入することが決定。そして5日にレオン・ハスラムがバウティスタのチームメイトになることがわかった。


 イギリス人ライダーのハスラムは、2018年のブリティッシュスーパーバイク選手権(BSB)タイトルホルダー。2019年にはカワサキ・レーシングチーム・ワールドSBKから参戦し、優勝こそないもののランキング7位を獲得。鈴鹿8時間耐久ロードレースにも出場し優勝に貢献した。


 ロードレース世界選手権に500ccクラスでフル参戦した2001年、250ccクラスの2002年はホンダのマシンを駆り参戦していた経験を持つ。

TEAM HRCからSBKに参戦するレオン・ハスラム
TEAM HRCからSBKに参戦するレオン・ハスラム


 発表会に登壇したハスラムは、「ホンダに戻る機会を得ること、そしてもっとも重要なことにHRCのワークスライダーとしてファクトリーチームで選手権に戻るというのは、まるで夢が叶ったようなものだ」と以下のように意気込んだ。


「このプロジェクトに関わることはとてもエキサイティングだ。もうバイクに乗って、開幕戦に向けて僕のお気に入りのトラックのひとつであるフィリップアイランドを走ることを考えている。CBR1000RR-Rに乗るのが待ちきれない」


「もちろん新しいバイクということは、僕たちは大きなチャレンジを目の前にしているということだけど、このプロジェクトは本当にプロフェッショナルで、僕たちはみんなホンダとHRCに何ができるのかということをわかっている。レースの世界で彼らが何を達成してきたのかを見れば明らかだ。僕にとって本当に素晴らしい機会だし、チーム、会社、そして世界中のファンのためにも全力を尽くす準備はできている」


 SBKにTEAM HRCとMIE Racing Teamの2チーム計4台エントリーすることが決まっているホンダ。両チームともに新型のCBR1000RR-R SPを使用するため、2020年の活躍に期待がかかる。

EICMA2019で行われたホンダの2020年二輪モータースポーツ活動計画発表
EICMA2019で行われたホンダの2020年二輪モータースポーツ活動計画発表


AUTOSPORT web

「ホンダ」をもっと詳しく

「ホンダ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ