鈴木優磨が頭で決勝弾! シント・トロイデン、ヘンクに敵地で逆転勝利

12月1日(日)13時25分 サッカーキング

ヘンク戦で今シーズン4得点目を記録した鈴木優磨(写真は11月9日のもの) [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)第17節が11月30日に行われ、ヘンクとシント・トロイデンが対戦した。

 この試合、ホームのヘンクでは伊東純也が先発フル出場。アウェイのシント・トロイデンでは鈴木優磨とシュミット・ダニエルが先発出場を果たした。

 試合は9分にヘンクが先制すると、18分にシント・トロイデンが得点を奪って追いついた。すると41分、右サイドからのクロスに鈴木が頭で合わせ、ネットを揺らした。なお、鈴木はこれが今シーズン4ゴール目となった。シント・トロイデンは最後までリードを守り抜き、2−1で勝利した。

【スコア】
ヘンク 1−2 シント・トロイデン

【得点者】
1−0 9分 ムブワナ・サマッタ(ヘンク)
1−1 18分 ヨアン・ボリ(シント・トロイデン)
1−2 41分 鈴木優磨(シント・トロイデン)

サッカーキング

「鈴木優磨」をもっと詳しく

「鈴木優磨」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ