スルツキー監督辞任の本田所属フィテッセ、下部チーム監督が暫定指揮

12月4日(水)0時39分 サッカーキング

フィテッセ暫定監督に決まったオースティング氏(左)[写真]=VI Images via Getty Images

写真を拡大

 MF本田圭佑が所属するフィテッセは3日、レオニード・スルツキー前監督の後任として、ジョゼフ・オースティング氏が暫定監督に就任したことを発表した。

 フィテッセは11月29日、エールディヴィジ第15節のヘーレンフェーン戦で2−3の逆転負けを喫して5連敗となった。試合後、スルツキー監督は「一生懸命働いたが、クラブ、選手、ファンについても考えなければならない。他の誰かが良い軌道に乗せることできるだろう」と辞任を表明した。

 後任には、同クラブの下部組織で指揮を取っていた47歳のオースティング監督に決定。クラブ公式サイトを通じて、「クラブを助けたい。フィテッセにとって難しい時期だが、調子が上向くように全てを尽くしたい。このチームをよく知っているし、この難しい状況から抜け出すために今必要なことをわかっている」とコメントした。

 オースティング監督の初陣は、8日に行われるエールディヴィジ第16節でフェイエノールトをホームに迎える。

サッカーキング

「フィテッセ」をもっと詳しく

「フィテッセ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ