ストーク指揮官、新加入FWの態度を問題視「規律を学ぶ必要がある」

12月8日(金)10時38分 サッカーキング

ストークでプレーするヘセ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ストークを指揮するマーク・ヒューズ監督は、今夏パリ・サンジェルマンから加入したスペイン人FWヘセ・ロドリゲスの態度について言及した。イギリスメディア『BBC』が報じている。

 スウォンジー戦でベンチスタートだったヘセは、ヒューズ監督が70分に3人目の交代カードを切った瞬間、ベンチから立ち上がり控え室へ去っていった。

 試合後ヒューズ監督は「彼は間違いを犯した」と批判。「規律を学ぶ必要があるね。あの判断は間違いだったと気づくべきだ」

「彼は英語があまり得意ではないから、謝ろうとしても多くは語れないと思う。それでも、あの行動がダメだと気づいてくれることが大事なんだ。彼もほかの選手と同じように試合に出たがっている。それは私も気づいているよ」

 なおヘセは現在、クラブの許可を得て生まれ故郷であるカナリア諸島へ帰国中。息子ニアン君の闘病生活を支えているという。

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

指揮をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ