柏、神戸からDF高橋峻希を完全移籍で獲得「全身全霊をかけて戦います」

12月27日(木)18時2分 サッカーキング

柏への移籍が決定した高橋峻希 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 柏レイソルは27日、ヴィッセル神戸からDF高橋峻希を完全移籍で獲得したことを発表した。

 高橋は1990年5月生まれの現在28歳。浦和レッズの下部組織出身で、2009年にトップチームへ昇格した。2012年にはジェフユナイテッド千葉への期限付き移籍を経験し、2014年に神戸へ完全移籍で加入。2016シーズンの明治安田生命J1リーグでは全34試合に出場したが、昨シーズン以降は出場機会が減少しており、今季の明治安田生命J1リーグでは10試合の出場にとどまっていた。

 完全移籍に際し、高橋は神戸の公式HPで以下のようにコメントを発表した。

「この度柏レイソルに移籍する事になりました。ヴィッセル神戸では5年間お世話になりましたが本当に感謝しかないです。毎年目標であったタイトルをとることができず、力の無さを感じ申し訳ない気持ちでいっぱいです。ヴィッセル神戸の一員になれたことを誇りに思っていますし、これからも誇りに思い続けます。来季からは違うチームですが、ほんの少しだけでもいいので高橋峻希を気にかけてくれたら嬉しいです。ファン、サポーターをはじめクラブに関わる全ての皆さま、本当に5年間ありがとうございました」

 また、新天地となる柏の公式HPでは以下のように意気込みを語っている。

「このたび、ヴィッセル神戸から加入することになりました高橋峻希です。柏レイソルの一員になれることを誇りに思います。ピッチ上で結果を求め、全身全霊をかけて、柏レイソルのために戦います。応援よろしくお願いします」

サッカーキング

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ