ノーベル賞は苦痛 田中氏の苦闘

「ノーベル賞がつらかった」田中耕一が初めて明かした16年間の“苦闘”

3月26日(火)11時0分 文春オンライン

あと1ヶ月ほどで、「平成」が幕を閉じる。平成とは私たちにとってどのような時代だったのか、さまざまな事件・出来事から激動の30年を見つめる「NHKスペシャル」のシリーズ「平成史スクープドキュメント」。第5回は、平成を彩ったノーベル賞に焦点を当てた。平成に入って、自然科学系ノーベル賞を受賞したのは18人…

記事全文を読む

「ノーベル賞」をもっと詳しく

「ノーベル賞」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 田中さんがなぜ悩むのか今初めて知りました。失われた20年の間多くの研究開発が中断されました。継続できたことまた未知の発見は貴方の起こした奇跡です。世界中のエンジニアから尊敬されていることでしょう。

  • 常識を打ち破る科学的発見は、偶然から導かれることが少なくない。だがその偶然を生み出すには、失敗を恐れずにチャレンジし続ける不断の努力で裏打ちされているものだ。>>そう、努力した人にだけ降る偶然&幸運。

  • 今後こういう形のノーベル賞は日本からは出ないのでは。何せネットにスマホ、人のことを笑いもの。前向きに生きようという雰囲気がまったく感じられない。

  • この先の日本人受賞は激減。科学技術論文数で世界NO1Pの中国やインドがとって変わる。国家の威信をかけて。これ、パクリで済む話ではない。

  • 早い話が思い込みや決めつけをする者は100%発見も発明も出来ない、さらに人の発見を否定し世界の発展を妨害するって事だな、全部読むまでなかなか理解できなかったw

全件表示する

BIGLOBE
トップへ