文書改ざん 佐川氏が関与認める

「森友」文書改ざん、佐川前国税庁長官 関与認める TBS NEWS

 森友学園をめぐる財務省決裁文書改ざん問題で、当時、理財局長だった佐川宜寿・前国税庁長官が周辺に改ざんへの関与を認めていることが関係者への取材で分かりました。  森友学園への国有地売却をめぐる決裁文書の改ざん問題では、当時、財務省理財局長だった佐川宜寿・前国税庁長官が虚偽公文書作成などの疑いで告発されています。  これまで大阪地検特捜部は、財務省理財局や近畿財務局の職員らから任意で事情聴取していて、一部の職員は「佐川氏が改ざんを指示したと認識している」という趣旨の説明をしたということです。また、関係者によりますと、佐川氏は周辺に対し、改ざんへの関与を認めているということです。  特捜部は、すでに佐川氏から任意で事情聴取を行っていて、立件が可能かどうか慎重に判断します。(24日11:37)

元記事を見る
※外部サイトを表示します。

「森友学園」をもっと詳しく

「森友学園」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 改竄したことよりも、なぜ改竄したのかが問題だろ?誰のため?何のため?この点をさらに追求しないとね。

  • やっぱりね。 安倍ちゃん終わったな。

  • 改竄したことは検察が言うまでもなく国民周知の事、誰の指示で改竄したのか聴取しなければ検察の存在価値はない。それ位の成果出せずに証人喚問を制約したとすれば逆に罪は重い。

  • 安部政権崩壊決定。

  • さあ!! 佐川は改心したようなので、全てを白状すれば、安倍や関係者の逮捕も近いぞ!

全件表示する

BIGLOBE
トップへ