過労死認定 裁量労働の28歳男性

裁量労働の28歳男性社員、過労死認定 残業184時間

5月16日(水)15時41分 産経新聞

不動産関連のIT会社(東京都豊島区)で、裁量労働制を適用されて働いていた男性社員=当時(28)=が昨年、くも膜下出血で死亡し、池袋労働基準監督署(東京)が今年4月に過労死として労災認定していたことが16日、分かった。遺族側代理人が明らかにした。労基署は最長で月約184時間の残業を認定した。代理人の川…

記事全文を読む

「過労死」をもっと詳しく

「過労死」のこれまでの出来事

「過労死」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 会社名を公表してください。

  • オレも死にかけたから分かる。ただただご冥福を祈るのみ。残された家族がかわいそうだ。

  • 安倍自民と経済界で裏合意がある。高プロ認定は現在年収1千万以上として該当者気少ない様にしてタダ働き過労死法案を通そうとしているが将来4百万に下げると。これで多くが影響を受け無賃過労死となる

  • 裁量労働の名の下で、下手に責任だけ負わされても困るんだよね。生活するために働いているわけで、死ぬために働くわけではなんだからさ。

  • 公務員はどの職も高度プロフェッショナルだと思う。なので・・

全件表示する

BIGLOBE
トップへ