防護服姿の子供像なぜ撤去された

なぜ"防護服姿の子供像"は撤去されたのか

10月16日(火)9時15分 プレジデント社

福島駅近くに設置された防護服姿の子供像「サン・チャイルド」が、市民からの反対で撤去された。一方で、この作品は各地を巡回しており、大阪では恒久展示されている。宗教社会学者の岡本亮輔氏は、東京での銅像の設置・撤去の歴史を振り返りながら「公共空間に置かれた像から読み込まれる意味は、時代や鑑賞者によって異な…

記事全文を読む

「サン・チャイルド」をもっと詳しく

「サン・チャイルド」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 安っぽいし気持ち悪いし芸術性のかけらも感じさせない。軽薄な上辺だけの反原発思想もうかがえる

  • 嫌がらせにしかならないだろそれ

  • 福島の子供は被曝してる、と言う誤ったメッセージを送る事になるだろ

  • 夜みたら怖そう。

  • 普通に気持ちわるい!放射能とか関係ない

全件表示する

BIGLOBE
トップへ