毒きのこを「食用」小学館が謝罪

小学館、『きのこ図鑑』で毒を「食用」と誤記載 謝罪と回収を発表

10月20日(金)18時45分 オリコン

小学館は20日、今年6月23日発売した『小学館の図鑑NEOきのこ』の「キシメジのなかま1」の項目で紹介したきのこの中に、実際には食べていけない種類であるにもかかわらず、誤って「食用」と記載した説明文があったことを発表し、お詫びした。該当するのは、同書25ページ左下の「ヒョウモンクロシメジ」の説明文中…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 画像は表紙ではなく問題のキノコを載せないと記事の意味がないのでは

  • アナウンスが行き届けば良いけどね。

  • 小学館って印象よくないなあ。なんでだろう。

  • ワザとだけどばれたから間違いましたって誤魔化す、やり方が汚いよ

  • 小学館のドラえもん国旗辞典、日本国旗のページわざわざ掲揚に反対する人達もいますと解説。子供へのプレゼントだったけどわからないように捨てました。ちょっと変な会社ですね。

  • 被害者は未だ出て居なかったのか?出て居ないから良いと言う訳では済まされないからね〜!!

  • 食っちゃったじゃねえか〜

  • それを信じて死亡したら殺人罪が適用になりますよね?

  • ドクキノコと言われるものの中には、山梨県のベニテングダケのように、伝統的調理法で毒を抜いて食用にされてるものもある。

  • 実刑喰らわせ巨額賠償させないと懲りない馬鹿鉄

小学館をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ