中身見せる福袋 儲けのカラクリ

洋服の福袋 中身・サイズを見せて売る「儲け」のカラクリ

1月1日(火)16時0分 NEWSポストセブン

かつて正月の「福袋」といえば、開封するまで詰め込まれた商品や総額が分からないのが当たり前だったが、いまやご丁寧に中身が紹介されているものは多い。特に洋服の福袋は、商品の内容だけでなく、サイズ別に売られているのも普通だ。一体どうしてなのか。ファッションジャーナリストの南充浩氏が福袋商戦の裏側を明かす。…

記事全文を読む

「福袋」をもっと詳しく

「福袋」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 決算で、大量廃棄するか二束三文で買い叩かれるよりは、中身を披露して、お客様に喜んで購入して貰うほうが、そして早めに現金に変えれる方がほうが企業は損を減らせるから。

  • 安かろう悪かろうでいい人には、ちょうどいいお買い物。

  • 売れ残り抱き合わせ、群がる正月ボケか転売アルバイト。

  • 単なる話題作りですな(笑)

  • “カラクリ”と言う程の奥はないじゃん。単なる宣伝費でしょーよ。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ