2018年は平穏な年に?経済展望

2019年以降に備えるための年——2018年の経済展望

1月2日(火)6時14分 JBpress

2018年は思いのほか平穏な年になりそうだ。良好な米国経済を背景に、日本の景気は堅調に推移するだろう。輸出産業を中心に株価も上昇トレンドが継続となる可能性が高い。問題は2019年以降である。消費増税、所得増税と増税プランが目白押しとなっており、消費にとってはマイナス要素が多い。しかも世界景気の循環は…

記事全文を読む

日本経済をもっと詳しく

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 労働人口が減少しているだけなのに、政府は求人倍率向上と吹聴する。実体経済のテコ入れすべき! 外国人頼みの株高やマイナス金利政策は、富裕層や経営層だけが潤い、一般国民は物価高や安月給で青色吐息。

  • 何ズレたこと言ってんの?大荒れ間違いなし!

  • 平穏?家賃払うのも、食べ物買うのも余裕なく生活するこれが平穏というのなら、あと数年で終末だな。

  • 経済は良いだろうが、その前に国防は大丈夫か、北の脅威は日に日に増すばかりだぞ

  • 安倍政権下での海外数十兆円バラマキ。選挙終わって大増税。終わりの見えない金融緩和で日本国債暴落、ハイパーインフレ、デノミ実行の未来が容易に想像できる。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ