ゴーン氏 新弁護士は無罪請負人

ゴーン被告の弁護人が辞任届を提出

2月13日(水)17時14分 AbemaTIMES

日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告について、弁護人を務めていた大鶴基成弁護士らが、裁判所に辞任届けを提出した。(AbemaTV/『AbemaNews』より)▶“会社のイベント”実はゴーン氏の誕生パーティー? 

記事全文を読む

ゴーン被告の弁護人に「無罪請負人」弘中惇一郎氏が就任

2月13日(水)16時15分 産経新聞

会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(64)の弁護人に、弘中惇一郎弁護士(73)が就いたことが13日、関係者への取材で分かった。弘中氏は過去に東京地検特捜部などが手がけた著名事件で弁護人を務め、「無罪請負人」の異名を持つことで知られる。これまでゴーン被告の…

記事全文を読む

「カルロス・ゴーン」をもっと詳しく

「カルロス・ゴーン」のこれまでの出来事

「カルロス・ゴーン」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 有罪の人間を無罪にするならこの弁護士も共犯者と言える。

  • 明らかな犯罪者を弁護するのも犯罪である。

  • 誰が弁護人に成っても検察は粛々とゴーンの悪行を暴き監獄にぶち込むだけです。

  • 金の臭いは逃しませんよ・・・有能弁護士ですから

  • 大鶴弁護士(63)も最強の弁護士との呼び声だったが就任から3ヶ月を待たず辞任した。新任の無罪請負人との触れ込みの弘中弁護士は(73)は何ヶ月持つかな。73歳か・・・もう直ぐ後期高齢者だけど?

全件表示する

BIGLOBE
トップへ