市場は「選挙終った」モード?

市場はもう「選挙終った」モード? 公示翌日に「株価、20年10か月ぶり高値」

10月11日(水)18時23分 J-CASTニュース

東京株式市場は日経平均株価が、連日のように年初来高値を更新している。衆院選が公示された2017年10月10日に2万823円66銭を付け、さらに翌11日には2万898円41銭を付けて高値を更新した。投開票日の10月22日に向けて、マーケットはすでに「選挙相場」に突入。メディアの当落予想などの情報で変動…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • この選挙で希望の党が勝つようであれば、株は暴落するだろう。

  • 逆に安倍自民が負けたら株価は大暴落ということになるな…

  • 世界は自民以外だと日本はダメと考えているので、自民が勝ったら外国人買いが入り先高、万一苦戦したら、海外資金が逃げて暴落、日本の景気も悪化。これがメインストーリー。

  • 「百合のみクス」とかいうアンチ・ビジネスの経済政策が敗北確実になって、市場は安心モードだよ。株価低迷、失業者増大の世の中なんか、二度とごめんだよ。

  • 頭下げるのは選挙の間だけ、あとは横柄やりたい放題、毎日料亭

  • 何で自民が勝ったら株上がるか、それくらい知っとけよまじで。程度が知れるww

  • 自民勝ったら株価上がるのも理解不能

  • 日本の国債は、すでに人気低迷・・・総理を変えて、がんばろう

  • 一般国民はマネーゲームの株価で一喜一憂しねーよ。

  • 自民が期待されなくなったわけだ

全件表示する

東京株式市場をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ