保険料が安くなる等級の仕組み

自動車保険の料金が年々安くなる メリット等級とは

10月12日(木)9時20分 オリコン

任意の自動車保険には『等級』という制度がある。これは、自動車保険の保険料を左右するもので、等級の数字が増えるほど、保険料が安くなる。その仕組みをまとめた。■等級は6等級または7等級からスタート任意の自動車保険には『等級』という制度がある。まったくの新規で自動車保険に加入すれば、6等級からスタートする…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 20等級でも毎年保険料が上がってるけど、理由はと聞くと同じ車種の車で事故率が上がってるからって理由おかしいだろ、自分が事故らなくても誰かが事故ると保険料が上がるって

  • 貧しい国民は軽四に乗りながらさらにチマチマと工夫して生活。その一方でその貧しい国民から搾り取った税金で高級車乗り回す政治家。悲しい・・

  • この等級のルールを知らない人なんているのか?とにかく事故しないことだよ。

  • 等級が上がっても保険料があまり変わらん なんとかせい! 

  • 此処の記事書いてる奴らアルバイトの馬鹿馬鹿しい素人だらけ

  • 10年ぶりに車買って保険に入ろうとしたら、また最初の等級だった こんな制度意味無い!!

  • 車を手放すのが一番安上がり。車は体力のない横着者の乗り物としか認識してない。田舎の奴程近所に行くにも車使うから鬱陶しい。車は快適過ぎて人間をダメにする。

  • 事故起こして保険使った奴からべらぼーにふんだくってんだよな...

自動車保険料をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ