文枝 不倫報道も降板説浮上せず

桂文枝 また不倫報道浮上も「新婚さん」降板説浮上しない理由

1月14日(日)18時0分 女性自身

昨年12月末発売の「週刊新潮」(新潮社)から今週発売まで2号にわたり、落語家の桂文枝(74)が「日舞の先生」の女性(56)と8年にわたり不倫関係にあると報じられた。同誌に対し、女性は赤裸々なメールや電話でのやりとりを公開。対して文枝は今週発売号の同誌で約2時間にわたって反論したが、いまだに報道陣対応…

記事全文を読む

「桂文枝」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 色恋が芸の肥やしという時代でもないしベテランとして後輩に示しがつかない。引退を考えるくらい恥ずかしいと思わんのかね

  • 芸人やマスコミの常識は世間の非常識。の一例ですね。こうやって落語やTVが廃れてくんですね。

  • 世間が興味ないだけ。関東はどうでもよい。関西は寛大なんでしょ。

  • tvと同系なんだろ

  • まあ、芸人さんですからね〜

全件表示する

BIGLOBE
トップへ