マンガ大賞2018は「BEASTARS」

『マンガ大賞2018』は『BEASTARS』 作者・板垣巴留氏「受け入れてもらって驚きです」

3月22日(木)17時17分 オリコン

書店員を中心とした各界の漫画好きが「今、この瞬間一番おもしろいマンガ」をコンセプトに選出する『マンガ大賞2018』の授賞式が22日、都内で開催され、板垣巴留氏の『BEASTARS(ビースターズ)』(秋田書店)が選ばれた。同社の作品が選ばれたのは、11回の歴史の中で初めて。同作は2016年から『週刊少…

記事全文を読む

「マンガ大賞」をもっと詳しく

「マンガ大賞」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • これは納得だなぁ〜この作品インパクトもあるし話も面白い。

  • 何だろう?良い漫画では有るけど当たり障りの無い漫画が毎回選ばれてる。審査員が駄目なんだろうね。面白いより道徳的な漫画を選んでるし。

  • 巨人といい動物といい マニアックすぎるんだよね あえてそういうのを狙ってるのか知らないけど あまり意味ない大賞だと思うよ

  • 漫画かあ、昔は漫画タイム、少年サンデー、少年ジャンプは良く買って読んでたよ。

BIGLOBE
トップへ