月亭方正の大学講義 どんな授業

噺家「月亭方正」東京理科大で連続講義 学生に真剣に伝えたかったこと

3月26日(火)17時30分 J-CASTニュース

噺家の月亭方正さんは、東京理科大学で2019年3月28日まで全6回の連続講義を担当している。同大学准教授の井藤元さんの依頼がきっかけで教壇に立つことになった。講義のテーマはプレゼンテーションやコミュニケーション能力の強化。就職活動を行う学生向けに、話芸である落語をもとに人に情報を伝える基本スキルを伝…

記事全文を読む

「月亭方正」をもっと詳しく

「月亭方正」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 確かにコミニュケーション能力の低い若者が多い。人とのかかわりを落語を持って伝えることは大切だと思った。方正はなんだかんだ言ってまじめだからね。

  • どうでも良いけど、「下ネタや下品な逆やつまらないギャグ」だけは、やめろよ。見ている人が納得出来る講義をしろよ!!。

  • こんな落語家の話を聞いて役に立つのかな?。まあ志らくよりマシかな。

  • 落語の授業

  • よ〜く見たら本村弁護士だったりして(笑)

BIGLOBE
トップへ