木村拓哉の主演映画「無限の住人」がカンヌ国際映画祭で公式上映 木村が率直な今の気持ちを語った

3行まとめ

  • 第70回カンヌ国際映画祭で、木村拓哉主演の「無限の住人」が公式上映された
  • SMAP解散後初の公開となる木村の主演作 出来栄えについて否定的な意見も
  • SMAP解散を絡めた作品批判に、木村は「全然構わない」と言い切った

木村拓哉、2,300人のカンヌ観客と一体感感じる!「コミュニケーションをとることが出来た」

5月20日(土)5時0分 シネマカフェ

現在開催中の「第70回カンヌ国際映画祭」アウト・オブ・コンペティション部門に選出された映画『無限の住人』の公式上映が5月18日(現地時間)に行われ、木村拓哉、杉咲花、三池崇史監督が出席。超満員の中、上映後は鳴りやまない拍手に包まれスタンディングオベーションが起こった。

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。
PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ