キングダムで解く中国大陸の謎

漫画『キングダム』から見える中国大陸の「原理」とは?

8月19日(月)6時20分 週プレNEWS

『始皇帝中華統一の思想『キングダム』で解く中国大陸の謎』(集英社新書)の著者、渡邉義浩氏紀元前3世紀。中国の戦国時代を舞台に、大将軍を目指す主人公・信(しん)と、中華統一を夢としてかかげる嬴政(えいせい・のちの始皇帝)を描く漫画『キングダム』。単行本は現在までに55巻が刊行され、累計発行部数は450…

記事全文を読む

「キングダム」をもっと詳しく

「キングダム」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 違う。銭中心。中国共産党を見ても政治や軍事は共産主義だが、それでは統治できず経済は自由主義。中国にとって統治の仕方や文化などマネーに比べればさほど重要な役割でない。お金を中心に見れば近代史も紐解ける。

  • 天下統一思考つまり一国支配が中国古代史の原点。むしろ群雄割拠状態が不自然で特殊。戦国時代や三国時代も根底にあるのは統一思想だ。漢の武帝以来皇帝がその核となりラストエンペラー溥儀まで続く。

  • アメリカがロシア領土の分割を迫れば良いだけの事

  • 眠れる獅子の中国を起こしたのは日本の侵攻。馬鹿なことをした。それで済めばまだしも、アメリカに奇襲をかけるとは・・・ 頭が悪すぎる。戦とは、勝てる相手に仕掛けるもの。戦国武将の方が知恵があった。

BIGLOBE
トップへ