みのもんたの終活 葬式やらない

みのもんたの終活 焼却炉購入、社長退任、葬式やらない宣言

9月17日(月)16時0分 NEWSポストセブン

「終活」──。2009年に登場したこの言葉は、人生の“終わり”に向けた準備であり、天寿を全うするための助走を意味していた。ところが、この10年で「終活」は変わりつつある。人生の残された時間と向き合うことで、第2の人生を豊かに過ごすきっかけとなっている。それは、著名人も同じ。みのもんた(74)が語った…

記事全文を読む

「みのもんた」をもっと詳しく

「みのもんた」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • メディアで、何も語らないというのが一番すがすがしい終活だろ 結局、未練たらたらじゃねぇか!!

  • 葬式やっても誰も来てくれなきゃ意味ないもの。

  • もう四の五の言わないでその時が来たら潔く散りなさい。結局死の瞬間は君の生の決算の時だからね。

  • 別に公表する様な事ではない。御国の為に英霊となられて遺骨が帰国出来ない葬式より恵まれすぎてるだろ。

  • 栄枯盛衰は世の習いとは言え、心配してるよ。貴方が残せるのは人望だよ。親が掛けた情が、受けた人の心に恩義となって、亡き後貴方の子孫を助ける。(出師表、諸葛孔明)銀座で金ばら撒いてもどぶに捨てる如しだ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ