肺がんの大林監督「死なねえぞ」

大林宣彦監督「あと30年は映画を作る」 窪塚俊介、満島真之介らが感謝の言葉

12月16日16時04分 エンタメOVO

映画『花筺/HANAGATAMI』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、大林宣彦監督と出演者の窪塚俊介、満島真之介、矢作穂香、山崎紘奈、門脇麦、常盤貴子、村田雄浩ほかが登壇した。本作は、大林監督が肺がんのステージ4で余命3カ月と宣告された後の、昨年夏に撮影した青春群像劇。大林監督は、生涯のテ…

記事全文を読む

大林宣彦監督、ステージ4の肺ガンも「ガンごときじゃ死なねえぞ!」と力強く宣言

12月16日16時00分 クランクイン!

作家・檀一雄による純文学「花筐」を、闘病中の大林宣彦監督が構想40年の末に実写映画化した『花筐/HANAGATAMI』が16日都内で公開初日を迎え、出演者の窪塚俊介、満島真之介、矢作穂香、山崎紘菜、門脇麦、常盤貴子、村田雄浩、そして大林宣彦監督が登壇した。クランクイン直前の昨年8月にステージ4の肺ガ…

記事全文を読む

大林宣彦をもっと詳しく

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • どこでも何にでも毒を吐く そんな楽しみしかない可哀想な人種がいる

  • 昔、薬師丸ひろ子主演の「ねらわれた学園」や原田知世主演の「時をかける少女」などを見た。命の灯火が消えるそのときまで映画監督としての生き様を関係者に見せてやって欲しい

  • こんな人が巨匠と言われる映画界のレベルの低さ。時をかける少女は、せいぜい原田知世のデビュー作という以外何も見るべきものはない素人騙しの駄作。

  • 長生きして良い映画をもっと作って欲しい。がんが治るようになるような治療法が出来て欲しい。

  • 映画監督は共産党員

全件表示する

BIGLOBE
トップへ