「ゲド戦記」ル・グウィン氏死去

「ゲド戦記」米作家、アーシュラ・K・ル・グウィンさん死去

01月24日13時42分 J-CASTニュース

ファンタジー小説「ゲド戦記」などで知られる米作家のアーシュラ・K・ル・グウィンさんが2018年1月22日(現地時間)に死去した。88歳だった。遺族がル・グウィンさんの公式ツイッターを通じて23日(現地時間)、「昨日の午後、彼女が安らかに亡くなったことを深い悲しみをもってお知らせします」と伝えた。19…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • ル・グウィンは宮崎駿が監督すると思っていたのに息子の吾郎が監督して駄作に。ジブリは彼に酷い事をした。

  • 先日TV放映された『ゲド戦記』を久し振りに見たけど、やはり心に響かなかった。視聴者に何を訴え何を伝えたかったのかもう一つだったけど、きっと原作を読めば理解できるのだろうな。ご冥福を

  • 魔女の宅急便も宮崎駿が原作をアレンジし過ぎて原作者に不評だったんだよね

  • スタジオジブリは、もう終わっているんだよ 残念だけど…

BIGLOBE
トップへ