ノーベル文学賞 欧州の作家2人

ノーベル文学賞にオルガ・トカルチュクとペーター・ハントケ 村上春樹は選ばれず

10月10日(木)20時16分 しらべぇ

スウェーデン・アカデミーは2019年10月10日夜(日本時間)、2019年と18年のノーベル文学賞をオルガ・トカルチュクとペーター・ハントケに授与すると発表した。18年はスウェーデン・アカデミーがらみの不祥事で発表が見送られたため、今年の受賞は昨年分も合わせて2人を公表した。発表された2人のプロフィ…

記事全文を読む

「ノーベル文学賞」をもっと詳しく

「ノーベル文学賞」のこれまでの出来事

「ノーベル文学賞」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • あいつがノーベル文学賞を取ることは無いからいい加減、毎年信者が集まって発表を待つ催しはやめればいいのに

  • 村上春樹をノーベル賞に押している裏には受賞をネタに「一儲けしよう」と言う思惑が見えてしまう。おそらく今後も受賞は無いであろう。

  • 何故そこまでハルキストってノーベル賞みたいなレッテル欲しがるの?

  • だから春樹は候補にもあがって無いと何度も言ってるだろう。マスコミが勝手に騒いでいるだけと、本人もその気にになってオカシクなってきてるだろ、最近の行動が。

  • 平和賞と文学賞は人類若しくは公共の益にたってない、廃止で良いと言う人が沢山居るけど。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ