Windows7サポート終了で起きる事

ウィンドウズ7のサポート終了で起きること ジャストシステムに更新需要の波

8月23日(金)7時0分 J-CASTニュース

文書作成ソフト「一太郎」などのソフトウエア大手、ジャストシステムの株価が好調で、足元の業績を好感する形で19年ぶりの高値を記録した。米マイクロソフトのパソコン基本ソフト「ウィンドウズ7」のサポート終了による更新需要が業績をけん引している。筆頭株主で画像処理センサー、計測機器大手のキーエンスによる経営…

記事全文を読む

「Windows7」をもっと詳しく

「Windows7」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • ウィンドウズ7のサポート終了による更新需要で「一太郎」「ATOK(エイトック)」などのソフト販売が伸びたこと。ってどういうこと?タイトルもそうだが意味不明。

  • サポ終了上等だぜ、8とか10なんて心地悪いクソなんだよ。俺はこれからも使い勝手の良いXPと7で上等。

  • 一太郎について「使い勝手がいい」。ちゃうねん、一部官公庁は過去に一太郎を不正利用しててそれ故にライセンス購入→前から使ってるから、と継続利用っていう負の連鎖やねん…いい加減止めてほしい。変換すんの手間

  • 7機はネットワークに繋げない。ワード 編集に使う。ネットワークは 10で行う。

  • 最初は「ワード」使ってたが「一太郎」知って直ぐに乗り換えた。とにかく「ワード」は日本語には向いてない。データーのやりとりしない私用だけなら文書作成は「一太郎」がベスト。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ