日清食品グループ 駅伝から撤退

日清食品グループ駅伝撤退、大迫傑がプロ転向前所属

1月11日(金)12時30分 日刊スポーツ

実業団駅伝の強豪である日清食品グループは11日、今年1月以降、駅伝から撤退すると発表した。日清食品グループによると、20年東京オリンピック(五輪)のマラソン代表選考会「マラソン・グランドチャンピオンシップ」の出場権を持つ佐藤悠基(32)と村沢明伸(27)を除く部員には社業に専念するか、移籍を奨励した…

記事全文を読む

日清食品グループが駅伝から撤退 新入部選手内定も取消

1月11日(金)19時9分 J-CASTニュース

日清食品グループは2019年1月11日、陸上競技部の駅伝競技からの撤退を発表した。今後は「世界を目指す選手の競技活動をサポートする体制に切り替える」としている。報道によると、所属14選手のうち12人に退部を勧告、さらに今春入部予定だった選手への内定取消も行った。 

記事全文を読む

「日清食品」をもっと詳しく

「日清食品」のこれまでの出来事

「日清食品」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • テニスに金使いすぎたんだろーな!

  • 本来は従業員に還元されるべきお金

  • 日清食品はテニスの大坂なおみ、錦織圭のスポンサーで知名度がさらにアップしている。利益を日本国民へ還元してください。

  • ダメなやつは切る。社員のやる気を潰す、典型的なダメ会社のやり方だな。消費者へのイメージも極めて悪い。

  • 戦後GHQと組んで大儲けしたのになぁ、

全件表示する

BIGLOBE
トップへ