力士以上に厳しい?行司の世界

行司の名前が「木村××」「式守××」ばかりの理由

1月19日(金)7時0分 NEWSポストセブン

立行司・式守伊之助(58)のセクハラ問題でにわかに脚光を浴びた大相撲の審判役である“行司”。あまり知られていない彼らの上下関係は「力士以上に厳しい」という。元行司が言う。「しきたりは“兄弟子”から教えてもらうしかないので、従うしかない。力士同様、行司も1日でも早く入門した者が兄弟子で、年齢は関係ない…

記事全文を読む

行司をもっと詳しく

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 行事が部屋付きというのは解せませんね。協会直属にした方が良いかと!?

  • 野球の審判が、球団に属していたら国民は納得しないだろう。相撲の行司が部屋に属していて、何故誰も問題視しないのか理解に苦しむ。八百長やってると言われても仕方がない。

  • 昔の武道の精神を引き継いでいるんだろう?当然だよ。ただ、弟子を育てるためと称して意地悪やいじめは言語道断。厳しく仕込めば弟子は大成するが、厳しくイジメれば弟子は更に意地悪になる。

  • 変な世界だ。皆同じ名前で封建的なのがよく分かるよ。もしかして相撲界こそ江戸時代から時間が止まっているのかも。

  • 昔の名残でしょう。養成学校作ればいいんじゃないか?なんか世襲制みたいでいやだな。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ