覚せい剤所持も無罪 判決の理由

「トイレ行きたい」と訴えても「所持品検査」続行、覚せい剤所持でも無罪になったワケ

8月17日(金)9時49分 弁護士ドットコム

覚せい剤取締法違反(所持・使用)の罪に問われた男性の裁判で、さいたま地裁は7月下旬、男性が「トイレに行きたい」と訴えたにもかかわらず、警察官が所持品検査をつづけたことは違法だとして、無罪(求刑:懲役4年)の判決を言い渡しました。男性は2017年11月、さいたま市内の駐車場で、2人の警察官から職務質問…

記事全文を読む

「覚せい剤」をもっと詳しく

「覚せい剤」のこれまでの出来事

「覚せい剤」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 犯罪者に世界一優しい国、日本

  • 警察の罪と犯罪者の罪を全て混ぜるなよ。自白強要や証拠ねつ造等については被疑者無罪は分かるが、今回の場合は犯人は有罪だろ。その上で警察官も処罰すれば済むことだよ。ほんとこの国は犯罪者にやさしい国だよ。

  • 現行犯の証拠をつかまれそうなときは、便所に行きたいといって、拒絶させ、公衆の面前で排便すれば、どんな証拠が出ても無罪ということにならないか。

  • 麻薬犯罪を行っているとの認識が強かったからトイレへ直ぐには行かせなかったのではないか。行かせなかった為に辺りに便を巻き散らかせたのか。こんな馬鹿な裁判長の名前が見当たらないのが不思議だ。

  • 取り調べ方法が違法だと全てが台無しになる典型だな

全件表示する

BIGLOBE
トップへ