小中学校の友人関係なんてまったく重要ではない?大人が子どもに教えなければならない現実

3行まとめ

  • 子どもには、きれいごとではなく、人間関係の現実を教えるべきである
  • 小中学校の交友関係など、長い人生においては大して重要ではない
  • 自分の人生において本当に重要な人なんて、数える程度しかいないもの

"小中学校の友人"なんてクソみたいなもの

10月11日(水)9時15分 プレジデント社

学校生活や交友関係に思い悩み、心に深い傷を負ったり、自ら死を選んでしまったりする子どもたちがあとを絶たない。そうした現象を受けて、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏は「小中学校の友人関係なんて、まったく重要ではない」「人間関係のどうしようもない現実を、大人が子どもにきちんと教えなければならない」と指…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • すごく狭い地域での自分の経験だけで語っても説得力はないよ。

  • さびしい人なんだね 心底カワイソウに・・・

  • この人はクソなのか?遊んだり喧嘩したり虐めたり虐められたり色々なんだろうが、そうやって集団生活を学んでいくんだよ。しっかり学んだらその先に良い出会いがある。

  • さすがにクソはちょっと言い過ぎ

  • クソな人しか周りにいなかったというより自分がクソだったんだろうな,数十年経っても友人はいるよ

  • 人それぞれ...

  • バカな中川君、友達いなかったんだな

  • なるほど。そういう考えなんだ。だから世の中が殺伐としているんですね。

  • 読んでみて一理あると言う部分もあるがクソの一言で終わらすなよ

  • 意図して汚い表現を使っているけど言っている事は正しい。少年少女時代を美化したい気持ちもわかるがこうした合理的考え方は多様な価値観の存在するグローバル社会で人生を生き抜いていくための処方箋。

全件表示する

友人をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ