イオン門外不出の書が世に出た訳

イオン"門外不出の書"はなぜ世に出たのか

11月16日(金)9時15分 プレジデント社

イオングループには社員だけが読むことのできる本がある。筆者は創業者・岡田卓也の実姉で、グループの人事や組織経営のあり方を定めた小嶋千鶴子。日本最大の流通企業の秘密が書かれた本は、「門外不出の書」と言われてきた。それが今回、『イオンを創った女』(プレジデント社)として出版された。なぜ出版が可能になった…

記事全文を読む

「イオン」をもっと詳しく

「イオン」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • お客の通行を待たず前を横切り、品物を見ている所を割り込み陳列。美味しさを20%削り安く提供、他のメーカーを排除。地元商店を廃業に追い込み、狙うはプライベートブランドでの日本侵略。それが・・・イオン・・

  • それでなぜ世に出たの?

  • 儲け足らず出版する為出したんだろう。イオンの進出でどれだけの店主が泣き、どれだけの商店街が消えたことか。

  • ライザップもそうだけど、他所へ事業拡大して成功した例は少ないからなぁ

  • 銀行から金借りて順調に伸びてる企業を乗っ取ればいいって弟に教えたのか?日本企業のやることじゃないね。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ