【センター試験2018】2日目(1/14)河合塾、問題講評スタート…大問構成を比較

1月14日(日)11時41分 リセマム

センター試験2018 河合塾

写真を拡大

河合塾は2018年1月14日、午前9時半から第2日がスタートした2018年度(平成30年度)大学入試センター試験について、「理科1」の試験速報を掲載した。2017年度と比較し、フレーム(大問構成)を分析している。

 午前11時30分時点では、フレームの比較は「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」の「理科1」すべてで掲載されている。河合塾の速報によると、「地学基礎」は2017年度に大問4問の構成だったところ、2018年度は大問3問の構成へ変更されている。河合塾は今後、「理科1」の各科目に関する詳細を15時ごろに公開予定。

 なお、河合塾は1月13日に終了した第1日の試験について「ズバリ!的中」を公開中。2018年度大学入試センター試験問題のうち、全統マーク模試含む河合塾教材の出題が的中した問題を掲載している。

 2018年度の大学入試センター試験第2日は、すでに午前11時20分に「数学1(数学I、数学I・数学A)」試験がスタートしている。各予備校とも、随時問題講評を更新する見込み。

リセマム

「2018」をもっと詳しく

「2018」のニュース

BIGLOBE
トップへ