【高校受験2018】都立高入試、インフルエンザ追試験の日程・内容まとめ

1月15日(月)14時15分 リセマム

東京都教育委員会

写真を拡大

東京都教育委員会は平成30年1月12日、Webサイトに「平成30年度(2018年度)東京都立高等学校入学者選抜におけるインフルエンザ等学校感染症罹患者などに対する追試験の実施について」を掲載した。追試験の日程や内容などについてまとめている。

 平成30年度(2018年度)東京都立高等学校入学者選抜からは、インフルエンザなどの学校感染症により受検できなかった生徒に対し、受検機会の確保を目的とした追試験が導入される。

 応募資格は、第一次募集の検査日当日に、インフルエンザなどの学校感染症に罹患したために出願した都立高校を受検することができなかった者。追検査の措置を希望する場合は、平成30年2月26日(月)午後5時までに中学校を通して特別措置を申請し、当該都立高校の校長から承認を得る必要がある。

 募集人員は原則各校1名で、普通科とコース制、複数の大学科がある学校は別途定める。出願受付期間は平成30年度3月6日(火)午前9時〜午後3時。特別措置の申請をした都立高校のうち、第一次募集において第一志望とした科(分野)・部に限り出願できる。追検査に出願した場合は、分割後期募集・全日制第二次募集に出願できない。また、志願変更も不可となる。

 学力検査は平成30年3月9日(金)、国語・数学・英語の3教科で行う。会場は東京都文京区本郷の東京都教職員研修センター。面接および実技検査などは平成30年3月9日(金)以後、各都立高校が定める日時で実施。合格者の発表は入学願書提出校にて、平成30年3月15日(木)正午に掲示される。

 東京都教育委員会のWebサイトには、日程や内容などをまとめたリーフレットが掲載。学校感染症などで検査を欠席した場合の連絡や、追検査の内容などを確認できる。

リセマム

「2018」をもっと詳しく

「2018」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ